飛ぶひと

昨日、2月22日、メンバーはそれぞれ3つの場所にて本番でした。 梅田、有田、研究生の3人は「はつかいち朗読コンクール」 芥川龍之介の「ピアノ」を深海が演出し、朗読劇として発表。 震災の1年後、佇むピアノと「わたし」の物語ー。 審査員の壤晴彦さんから「演劇人として、とても好きだ」との言葉をいただきました。 芋迫は青少年センターにて21日から始まったぬるま湯の公演。 そして常山と深海はアステールプラザにて19日から始まった ノゾエ征爾 作・演出「飛ぶひと」の千秋楽 「飛べば、落ちる。それだけの話だ」 深海は演出部として参加。 常山は物語の中で最年少ながら、存在感のある役として見事に演じきりました。 着実に実績を重ねていきます メンバーたちの活動はさらに、これからも続きます。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square