performance

0.jpg

​第六回本公演

ニンゲン畜生奇譚

現代なのか近未来なのか、少なくとも過去ではない。日本列島西寄りの山の中にポツンと一軒家。5年前に都会から移り住んだ中年の夫婦。ここで人間らしく生きていこうと夫婦は思った。自給自足。喰って寝る事に命を賭ける。まるで獣の如く。それが夫婦の導き出した人間らしさ。

 

この一軒家を訪ねる若者の集団
彼らは大学の研究ゼミのメンバー。昭和学院大学・石森ゼミ。人間らしく生きるとはどういう事か?これが彼らの研究テーマ。
 
ぼんやりとしたテーマの様だがそうではない。今、世の人間共は<老い>への反発がエスカレートし続けて富裕層はテクノロジーを駆使したトランスヒューマン。貧富格差はそのまま老いの格差。世論の後押しで発言権を得たジャパントランストゥルー協会。山の中の一軒家で繰り広げられるニンゲン論。果たしてニンゲンはいかにして死ぬのが正論なのか?

作:佃典彦(劇団B級遊撃隊)/演出:深海哲哉
​→特設サイト

【出演】

深海哲哉・梅田麻衣・尾村美瞳・泉晟・正木憧子・長澤拓真・河原翔太・松陰未羽・小林冴季子・大西泰生・駒木由布子・北木悠里

’20年11月13日(金)〜15日(日)

JMSアステールプラザ 多目的スタジオ

R1年度アステールプラザ芸術劇場シリーズ

​レジテンスコレクション

劇団の目標

 

私たちは演劇が好きです。魅力を感じ、多くの事を学んでいます。

演劇の魅力を知ってもらう為、続けていく為に演劇の活性化と社会貢献に取り組みます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

目標
・観客動員数が前回を上回る事
・新規のお客様が10%である事

観客動員数は毎回公表致します