​竹野 弘識より 

誠に勝手ながら、私竹野はグンジョーブタイを退団することとなりました。
所属してから約5年間、生活の一部に演劇があり、グンジョーブタイがありました。
代表の深海さんと副代表の梅さん、劇団員の皆様には大変お世話になりました。
この場を借りて、感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
そして、グンジョーブタイの公演を観に来て下さったお客様、グンジョーブタイの公演を支えて下さった方々、応援して下さった皆様、誠にありがとうございました。

グンジョーブタイを退団したからといって演劇を辞めるわけではございません。
劇団員の皆様とはご縁がなくなるというわけでもございません。
お互いにまだまだ続けていく続いていく身として、劇団員の一人一人とはまたどこかでご一緒の現場になれたらなんて思います。
そう遠くない未来だと思っています。

人生、何が起こるか分からないものです。
僕は、演劇はその時でしか体験できない儚い奇跡のような時間であると思っています。
その日、奇跡的に集まった役者、スタッフ、お客様と一緒に舞台と客席とで生きた時間を共有する。
そこに大変な価値があるんじゃないかと僕は思っています。それが演劇の最大の強みでもあると思います。

この時間は、当たり前のことじゃない。

僕は明日生きていないかもしれない。
来年も、再来年も、僕はこの先どうなっていくのか。そんなことは誰にも分からない。
退団し、僕はこの先グンジョーブタイにはいません。
もしかしたら、今後一生グンジョーブタイの公演に関わることはないかもしれません。
だからこそ、この当たり前じゃない時間があるのだと思います。

約5年間、グンジョーブタイという劇団を通じて、皆様と奇跡のような時間を過ごせた事を大変誇りに思います。

今後は、個人の活動に専念してまいります。
またどこかの舞台で会えるのを楽しみにしています。
今まで本当にありがとうございました。

竹野弘識